くすみとしみの基本的なケア

 

年齢と共にしみやくすみがふえるのは、大抵の人の悩みどころといえます。お肌のくすみやしみを少しでも改善するためには、普段からどのようなケアをすれば良いのでしょうか。そもそもどうしてしみやくすみができるかといえば、紫外線の作用と、肌の水分不足です。この2点がスキンケアでは大事になります。美肌に効果があると言われるビタミン誘導体を肌に与えたり、水分不足の肌に潤いをプラスするために美容液パックや化粧水を使うことで、しみケアをすることができます。日々のスキンケアをきちんと行うことで、徐々にしみが目立たなくなります。一方、紫外線対策は夏以外の季節でも続けることが大事です。UVカット効果がある化粧下地や、ファンデーションを活用するといいでしょう。美肌のためには食事内容も重要です。ビタミンCやAを多く含む食事をすることや、水分補給を怠らないことが重要な点といえます。肌のくすみは気が付かないうちに進んでいることがあります。しみはあまりないのにくすんで見えるという人は肌の水分量が足りていないことがあるようです。お肌は紫外線のせいで乾燥することがあります。紫外線予防と水分摂取の2点を重視してください。年齢を重ねると、皮膚の新陳代謝が遅くなって古い角質層が皮膚にとどまり、透明度を失うことがあります。そうなると、肌は徐々にくすんで見えるようになります。ターンオーバーを促進するには、血流をよくすることです。マッサージなどで刺激を与えることで毛細血管まで血液が通うようになり、血色を良くすることができるでしょう。お肌のお手入れを毎日することで、しみやくすみの目立たない肌になりましょう。