専業主婦のためのキャッシング

 

女性でも、キャッシングを利用したいという人は増えています。ですが、専業主婦で自分ではお金を稼いでいないという人は、審査には通りづらいといいます。キャッシングにかかわる法律が見直されたことで、キャッシング可能な金額は、年収の三分の一までとなりました。もしも収入がない主婦がお金を借りたいという場合は、夫の同意と、夫の年収を表す書類、婚姻関係を証明するための書類を提出します。この点に関しては、レディースキャッシングでも変わりません。もしも、非正規労働でも収入を得ている主婦ならば、配偶者の同意書などを用意しなくても、キャッシングの申し込みができます。キャッシング会社によっては、女性でも専業主婦へのキャッシングは無条件で融資を断ることがあります。専業主婦の場合、キャッシングの手続きに必要な書類が多く、審査もその分手間がかかります。その分、審査が煩雑になってしまい、費用がかかるのです。キャッシングをしていることを家族に内緒にしたいと思っても、夫の同意書を必要とする以上、事情を話さねばなりません。場合によっては、専業主婦がこっそり融資を受けたいこともあります。時には、クレジットカードをキャッシングとして使うことで、女性用キャッシングの代用にしてもいいでしょう。

 

ミュゼ 料金