住宅ローンを変動金利で組むリスク

 

住宅ローンを組むときに不動産会社からすすめられて変動金利型で組む人が増加しています。住宅ローンを決めることは思い切った行為ですが、変動金利制をつかえば金利が低く見えるためです。どんな点に気をつけて、住宅ローンの変動金利を選ぶべきでしよう。金利が低い情勢が続いてるために、今は変動金利を利用し、ゆくゆく金利が上がる兆候が見えたならば固定金利にすればいいと考える方もいますが、適切な考え方ではありません。日銀の決定する政策金利から、短期プライムレートという金利が決まります。これが、変動金利の金利設定の根拠です。つまり、日銀が金利を据え置くという姿勢でいる限りは、住宅ローンの金利は上がらないわけです。一方長期固定金利は短期金利のように誰かが決定しているのではありません。金融市場の動向によって決定するため、原因は複合的なものになります。そして、長期金利は短期金利より早く金利に反応します。場合によっては、変動金利の状況を確認してから長期金利に変えようとしても、既にタイミングを逃していることがあります。今後どのように金利が変わるかを織り込みながら、変動金利を利用する必要があります。財力があり、住宅ローンの負担が増しても返済ができる人はいいでしょうが、以後何かと物入りな家庭は、よく計算をしておくことが大事です。変動金利の住宅ローンを、低金利の時代に借り入れれば返済はしやすくなるかもしれませんが、10年後、20年後のことも想定の中に踏まえておくことも重要です。

 

脱毛ラボ料金