メタボリック症候群を予防する運動

 

メタボリック症候群を予防するためには適度な食事制限に加えて運動をすることも必要です。日々の生活の中で体を動かす機会を逃さないこと、軽い運動を継続すること、筋肉を強化する運動をすることにまず留意しましょう。体内で蓄積されていた脂肪分を消費するためには、1日の消費カロリーが多くなるよう積極的に運動をして、代謝を上げることです。普段の生活の中でも、運動の機会を増やしていくことが効果があります。日々の生活の積み重ねが、内臓脂肪の燃焼につながります。階段を使って上階への移動をする、車や交通機関はできるだけ利用せずに歩く、ちょっとした動作も機敏に、素早く行うなどです。日々の運動量を意識して増やすようにしましょう。ウォーキング、軽いジョギング、サイクリング、水泳など、軽めの運動でメタボリック症候群を予防することができます。体脂肪の燃焼を促すには、息切れが激しいきつい運動をするよりも、息をしながら二、三十分は続けることができるような有酸素運動にするといいでしょう。1日の活動に必要なエネルギーを多くするだけでなく、代謝アップ効果も運動には期待できます。痩身効果が出やすく、リバウンドしづらい体質になるためには、基礎代謝を上げることです。筋肉トレーニングによって筋肉を多くすることで、代謝の高い体質になれます。毎日運動を続けていると運動することが当たり前になり、メタボリック症候群の予防になります。

 

ミュゼ 神奈川