手術による多汗症の治療

 

手術で多汗症治療をするという方法があります。多汗症の症状を和らげるために手を変え品を変え取り組んできたけれど結果が出ないという時は、手術で治療をするのもいいでしょう。多汗症を治療するための手術方法は幾つかあります。ボトックス注射による手術をする人は多いようです。ボトックス注射とは、神経の働きを止める効果があるボトックスという薬を注射することで、汗腺から汗が分泌されないようにします。幾つかの多汗症の治療手術がありますが、ボトックス注射は時間もかからず、痛みも少なく、痕が残る心配もないので、軽い気持ちで受けられます。ボトックス注射は、発汗抑制効果は半年から1年で終わること、効果の表れ方は個人差があるという注意点があります。多汗症の症状が完全になくなるような治療方法ではないので、結婚式に出席する時や、汗をかきやすいシーズン限定等の感覚で利用するといいでしょう。多汗症の症状が手のひらで起きるという人は、交感神経を切除する手術で治療をすることが可能です。この手術は、全身麻酔かせ必要です。脇の下からスコープを入れて、胸部の交感神経を切るためです。手術を受ければ、手のひらから大量に発汗する心配はなくなります。人によっては、手のひらから汗が出なくなったかわりに、代償性多汗症といって背中やお腹に汗をかくようになったりもします。交感神経の切除手術をする場合は、医師の判断を仰ぐ必要があるでしょう。手術をしなければ多汗症の症状が改善しないのか、手術をするならばどの方法にするかなど、多汗症手術はよく考えて決めましょう。

 

ベジーデル酵素液 口コミ