為替レートが円安になった時のメリットとデメリット

 

円相場が円安方向に動いた時に、国内産業にもたらされる利点は何でしょう。円安は、輸出企業の売上げが伸びるチャンスです。販売価格を変えずとも、円安になれば輸出業の価格が下がります。そのため海外の多くの人が日本の製品を買うようになるという仕組みです。輸出を扱っている会社は、円安の影響を受けて利益が増加し、社員の待遇が改善されます。円安になると、株の相場もアップするようです。自国通貨が高く、日本円が安いうちに日本の株を買うと資金運用益が大きくなるため、投資家は日本の株に集中します。自社の株価が上がれば、企業の資金投資も活発になります。ただし、円安であることの欠点も幾つかあります。円安で打撃を受けるのは、輸入産業です。輸入品を高く売らなければならなくなるためです。輸入全般に、今までより多くの日本円を注ぎ込まなければならないのが円安の特徴です。その結果原油価格が上がり、エネルギー料金が上昇します。原材料を輸入しているような製造業も、仕入れ価格が上がって売上げが厳しくなります。輸入にお金がかかれば、販売する商品も高くなり、売上げが下がってしまいます。物価が上がれば購買意欲は低下するため、景気が悪くなる要因になります。立場が変われば、同じ為替相場でも、円安を歓迎する人と、敬遠する人とがいます。

 

銀座カラー 料金