外国為替証拠金取引とは

 

外国為替証拠金取引を利用する人が、円高の勢いも受けて増加傾向にあります。低コストで効率的な資産運用が可能な外国為替証拠金取引を、為替レートの変動を利用して行っているようです。実際に外国為替証拠金取引ですることはどんなことでしょうか。株式の信用取引や商品の先物取引と同じような方法で通貨を売買する方法が、外国為替証拠金取引というものです。売買を行う通貨のペアを選び、どちらかを売ったぶんでどちらかを買いますが、金銭の移動は数字上のものとなります。米ドル円売りでは、円を売ることで米ドルを買います。そのための金額は借りるという形になります。証拠金をあらかじめ支払っておくことで、損失を補てんするという仕組みです。株や商品の信用取引と同様、外貨の売り注文を出すこともできるようになっています。円が強い時期でも、売り注文で益が見込めます。売買取引については、株や信用取引のように機嫌が定められてはいません。通貨の貸し借りには金利がかかります。より高金利の通貨を買う場合には、金利を得ることもできるのです。外国為替証拠金取引で得た差益は金利によるものも含め、雑所得として課税対象になります。税金がかかる利益であることは、外国為替証拠金取引では知っておくべきポイントです。

 

ティーアップ(T-UP) 車買取