ドル為替の影響

 

よく為替がニュースで取り上げられていますが、レートが変わると日本の経済は何か変化があるのでしょうか。技術大国である日本は、他国から原材料を輸入し、加工して輸出するという加工貿易が行われています。円安ならば商品価格が下がって、輸出時の競争力が上がります。ドルに対して円安が続くと、輸出企業が多い日本にとっては経済的に良い影響があると考えられます。逆に、製造コストを押さえても、円高ドル安では海外に商品を売る時の金額が安くできません。精密機器メーカーや自動車メーカーは、海外で商品を売りたいと思っても、価格設定で他の国より安く設定できなくなります。現に、円高が続いている昨今は、日本の自動車メーカーは売上げ予想を下方修正せざるをえない状況です。海外から日本を訪れている人には、どんな状況がよいのでしょう。円高では、米ドルを多めに持ってきていても以前ほど多くの日本円が手に入らないため、買い物の自由度が減ってしまいます。旅行客が減る傾向も見られます。ドル為替の影響というのは、一方の国から見た場合の影響です。円高になればなったなりの、円安になればなったなりの得と損がありますので、どちらがいいとは言いきれません。輸出入に関わっている人には直接的に、それ以外の人でも間接的にドル円の為替は影響を及ぼします。

 

脱毛ラボの脱毛プラン