クレジットの金利は支払方法で変わる

 

クレジットカードを買い物に使う人が増えていますが、金利のことを気にしている人は少なくないようです。クレジットカードを日常的に使っている人もいますが、どんなふうに使うかでも金利の設定は異なります。3回以上の分割払いになると、クレジットカードでは金利が発生します。それ以外の支払いでは、金利をつけずに支払いができます。クレジットカードの支払方法には他にもリボ払いというものがあります。毎月一定以上の請求がないことが、クレジットカードのリボ払いの最大の特徴とされています。金額によっては全額返済まで何回も返済をしなければならなくなり、金利もつきます。リボ払いの金利は、金融会社によって違いはありますが、おおよそ15%です。クレジットカードの決済では、不要な金利を支払うことがないように、工夫をすることが大事です。リボ払いは便利なようにも見えますが、10万円の買い物を月々5000円ずつ支払えば、15%の利息で13,000円にもなってしまいます。金利の分で何か他のものが買えるのではないでしょうか。毎月の返済は楽でもむだな金利を払い続けることになってしまうのです。リボ払いは便利そうですが、結果的には金利にばかり支払いをしていることになってしまいかねません。できれば一括でクレジットカードの支払いをすることで、金利とは無縁でいることができるでしょう。

 

生命の乳酸菌の特徴・メリット