節約と家計簿

節約を始めるならまず家計簿を見直すことから始めます。家計簿をすでに付けているという人はまず1か月の支出を見て何がよくないお金なのか、無駄遣いだったのか確かめてみましょう。必要のないものを買っている場合には赤い色で印をするなどしてみるとわかりやすいと思います。家計簿を見直せば無駄遣いをしていることに気が付きますし、そこでまず意識が一つ節約モードになると思います。そして家計簿を見直したうえでこれからも細かくつけていくことにします。細かくつけていくことで何を買ったのか、今日は何が無駄だったのかということがよくわかると思います。節約のためにはまず家計簿の見直しが大切です。その次に大切なことですがもし家計簿をまだつけていないという人は節約を始めるなら家計簿をつけることをスタートしましょう。最初から細かくつけ始めるのは難しいと思いますから買ったものをレシートを見ながら移していくというタイプでもいいと思います。レシートを書き写すのすら大変だという人はレシートを貼っていくだけでもいいでしょう。そうすることで自分が何を買ったのかよくわかります。節約と家計簿は切っても切れない関係にあり、節約の状況を把握するうえで家計簿をつけておいた方が参考になります。手書きの家計簿が苦手だという人の場合には最近はパソコンで家計簿管理ができるようにもなっていますから、そういったものを活用してみてはいかがでしょうか。