クレジットカードの延滞

クレジットカードの延滞をもしかすると別に大丈夫だと思っている人も多いのではないでしょうか。クレジットカードというのはそもそも信用のもとで、ショッピングやキャッシングに利用させてもらっていますから、信用を損なうということはクレジットカードにおいては大変なことなのです。クレジットカードで信用を損なうということは具体的にはどのようなことなのかというと、具体的には、延滞をするということです。きちんと支払期限までに返済しなければ信用がなくなってしまいます。携帯電話料金を延滞したり、レンタルビデオの延滞と同じ感覚でクレジットカードの延滞を考えている人は、少し認識が甘いといってもいいかもしれません。クレジットカードというのは信用が一番です。信用がなくなってしまったら、クレジットカードを持っていることはできません。ひとにお金を借りているということをしっかりとわかったうえでクレジットカードを持たなければいけないのです。クレジットカードの支払いの延滞が続けば強制解約という形になります。クレジットカード会社によってそれがどのくらいの延滞を繰り返すと強制解約されるのかということは違っているのですが、一度強制解約をさせられてしまうと、他に持っているクレジットカード会社にも通達が行きますから、他のカードも使えなくなる可能性が出てきます。クレジットカードの信用情報はほかのクレジットカード会社へもすぐに連絡がいき、以後5年間クレジットカードが作れなくなりますから注意しましょう。