不動産ローンとは

 

ローンを組む時に不動産を担保として利用するものを不動産ローンといい、
正しくは不動産担保ローンと呼びます。

 

ローンには有担保型と無担保型がありますが、
不動産ローンは有担保型のものです。

 

クレジットカードについているキャッシング枠を利用して融資を受ける時は、
いわば顧客の信用が担保となっているものです。

 

ローンを利用する時に担保を使わない場合は、
一度に借りることができる金額が少ない、短期のローンです。

 

一方、不動産ローンは担保として不動産を用意するので、借り入れ上限額が高めで、
貸付条件がよいものになります。

 

貸し手である銀行などの金融機関の立場になってみると良くわかると思います。

 

融資を行った相手が返済ができない状態になったとしても、
金融会社としては不動産を抑えておけば大幅な損はまぬがれます。

 

不動産担保ローンは金利も低く設定されているので、
担保となる不動産がある借り手にとってはとても便利なものといえます。

 

借入金の使い道は限定されていないので、様々な形で利用することができます。

 

リフォーム目的や、家を買うためのローンは、他のことにお金を使うことはできません。

 

不動産ローンでは、どんな目的にでも使えます。
不動産ローンは、担保物件の評価額によって金額もかなり大きな金額まで借り入れることができます。