仕事の適性とは

 

自分がどんな仕事につくか考える時には、適正や希望についても考えましょう。

 

人と話す能力が高くて社交的な人は営業や販売の仕事に向いています。

 

他人と会話をすることが得意ではなく、話そうとすると緊張してしまうという人は、
営業の適正は乏しいでしょう。

 

適性のみで仕事を選ぶことができるわけではありませんが、
考えをまとめる上での指針になります。

 

ただし、仕事の適性がどんなものかということだけで仕事は決まるものではありません。

 

大学の就職課などで、一度は仕事の適性検査をして見なさいなどと言われる事があります。

 

とはいえ、仕事を選ぶ時に適性検査で言われたことだけを基準にしていたら、
問題が起きることもあります。

 

適性検査の結果、経理関係の仕事の適性が高いと出たとします。

 

しかし、自分としては経理はそもそも興味がないし、
数字をどうこうする作業はしたくないという人もいます。

 

必ずしも適性がある仕事でなければいけないということありませんので、
その点は注意してください。

 

未知の分野でもやってみたい、という気概があること自体はいいことです。

 

仕事の適性があるということで、
どうしても選ばなくてはならないと言うものではないと言う事を覚えておきましょう。