ブルーベリーサプリメントとは

 

ブルーベリーの有効成分を用いたサプリメントが人気を集めています。

 

ブルーベリーはアメリカやカナダを原産地とする小果樹で、
濃い青紫色の実をつけます。

 

6月上旬から9月上旬にかけて実をつけるようで、
大きさは1つにつき数グラムと小ぶりです。

 

ソースやジャムの材料となることが多く、ケーキやパイに活用されていますが
、今はよくサプリメントとして見かけるようになりました。

 

一種のポリフェノールであるアントシアニンが、ブルーベリーに含有しているそうです。

 

アントシアニンは、眼精疲労からの回復に効果があると言われています。

 

第二次大戦中、航空機のパイロットがブルーベリージャムをよく食べていたら、
夜でもものがよく見えるようになったというエピソードもあります。

 

アントシアニンは抗酸化力が強く、体内の活性酸素を減らす効果があります。
どれも普段から摂取するような食材ではありませんが、
ムラサキイモや黒豆、ハスカップ、クランベリーなどにたくさん含まれる成分です。

 

実際には毎日しっかりとアントシアニンを補いたい場合は、
サプリメントなどを使うほうが良いでしょう。

 

アントシアニン以外にもブルーベリーサプリメントに含まれているのはビタミンAやビタミンEで、
どちらの成分も目に有効なものです。

 

目の健康を高めたい人が、ブルーベリーのサプリメントをよく使うのも頷ける話です。