紫外線をカットした方が良い理由

 

紫外線は有害なのでカットした方が良いという話はよく聞くと思いますが、
なぜなのか理由を知っていますでしょうか。

 

紫外線にはいくつかの種類があります。

 

昔から地上に降り注いでいた紫外線と、
かつては地上には到達していなかった紫外線があります。

 

肌に良くない影響がある紫外線もあり、この紫外線をカットするために、
紫外線の強い日は太陽光に当たらないようにすることです。

 

身体的に悪影響がある紫外線は、
昔は、多くの場合はまず受けることがなかったと言われているようです。

 

ところがしばらく前からオゾン層が薄くなり、オゾンホールが出現するようになってしまいました。

 

オゾンホールの出現により何が起こっているかはみなさんも良くご存知のことでしょう。

 

オゾン層がカットしてくれていた有害な紫外線が地上にまで届くようになってしまいました。

 

体によくない影響があるという紫外線に長時間さらされると、体によくない効果があります。

 

生き物の体を決定しているDNAが、紫外線で損なわれてしまうのです。

 

壊れたDNAが少なければ体は元どおりの状態にまで戻りますが、
破壊された量が多いと壊れたまま再生産されるようになります。

 

皮膚がんや白内障による失明、免疫力の低下の原因にもなります。

 

以上の理由によって有害な紫外線は、体のためにはカットした方が良いのです。