リバウンドの対策をする方法

 

リバウンドに対する対策を講じるためには、
ホメオスタシスを把握することが大事です。

 

多くの人は、すぐに痩せようとして、
極端な食事制限をベースにしたダイエットをするようです。

 

リバウンドを起こしやすいダイエット方法なので、あまりおすすめできない方法です。
1週間に3sの減量に成功したとか、1カ月に8sの減量に成功したとか、
短期間の痩身効果を宣伝するダイエットもあります。

 

カロリー摂取量を大幅に減らし、
短い期間で痩せるようなダイエットはリバウンドの原因要素です。

 

何とか体重を減らせたとしても、リバウンドが起きれば減った体重がまた増えてしまいます。

 

リバウンドの対策のためには、今の5%以上の体重を、
1カ月で減らしてしまわないように調節することです。

 

ホメオスタシスは、体重の5%以上が1カ月で減ってしまうような、
日頃起きないような状況に対応しようとします。

 

そのため体が停滞期に突入し、思うように体重が減らなくなります。

 

もしもリバウンドが発生して体重が増えはじめても、
そこでダイエットを諦めてしまわないことも大事です。

 

ダイエットの停滞期に入ったとしても、
あきらめずに最低でも1ヶ月ぐらい続けると体は緊急事態ではないと認識して
元のように痩せるようになります。

 

リバウンドについての知識を持たず、
なかなかダイエットの効果が出ないからと停滞期の最中にダイエットを中止してしまうと、
リバウンドが起きて体重が元のものかそれ以上にまでなります。

 

ダイエットを成功させるためには、リバウンド結果で過度に落ち込みすぎず、
できる範囲で継続することを重視します。

 

気長にコツコツと続けられるようなダイエットを選んで、
無理なく食事改善や運動をしていくことがリバウンド対策になります。