にきび治療には正しい洗顔が必要

 

にきびの治療のポイントは、毎日の洗顔です。若い人でも、成人してからでも、にきびができて困る人は少なくありません。にきびを治療するためには、どんな洗顔が効果かあるといえるのでしょう。洗顔をするときに使う洗顔料は泡立ち、泡切れの良い弱アルカリ性タイプのものがにきび治療にはおすすめです。皮膚汚れや油汚れを除去し、角質を健康な状態に保つことが洗顔の主たる目的となります。洗顔をしないのも、洗顔をしすぎるのも悪影響です。油分の分泌が多いという人でも、洗顔は多くて1日3回まで、一回一回をしっかりと洗います。温かいタオルを顔に押し当てて、毛穴が十分開いてから、洗顔料で弾力のある泡をつくりましょう。にきび治療を意識して洗顔をするなら、顔と指の間に常に泡があるように、こすらず洗います。一回の洗顔時に2回の洗顔を行うという、ダブル洗顔か汚れ落ちがよく、皮膚を清潔に保てます。1回目は化粧や皮膚表面の汚れを除去するためのクレンジングです。2回目は余分な皮脂や残ったクレンジングを洗い流すための洗顔です。お肌の清潔はにきび治療の鍵を握りますので、ダブル洗顔をすることは非常に重要です。ピーリンクに使う成分を配合してある、ピーリング石鹸も人気です。使えそうな洗顔料か迷ったら、皮膚科に相談するという手もあります。にきびが治療できるように、洗顔の習慣をきちんとつけましょう。

 

キレイモ 料金