メイクの口紅

 

メイクの仕上げとして口紅は重要ですよね。他の部分が完璧であっても口紅を塗らないと腑抜けな印象になります。口紅の上手なメイクの仕方としては、唇のラインをまずは決めましょう。そしてリップペンシルを使って唇の輪郭を取ります。そして口角の部分までしっかりとラインをつけていきます。ここで隙間があるといけませんから、隙間ができないようにしっかりとラインを結びましょう。そしてラインが上手に描けたらいよいよリップブラシで色を塗っていきます。メイクで口紅を塗るときにはリップブラシを使うのがいいでしょう。直接口紅を唇にあてて塗るという人も中にはいるかもしれませんが、その方法ではなくて、リップブラシで丁寧に色をのせるのがいいでしょう。最初に塗るのは上か下かどちらかわかりますか?最初に色をのせる部分は下くちびるです。下唇からしっかりとまん中に口紅を塗ってまん中から外に向かって口紅を伸ばしていきましょう。端からのバスと思っている人もいるかも知れませんが、中央から伸ばしましょう。そして上唇も同じように塗っていきます。口紅が塗れればブラシを使ったラインをなぞっておきます。こうすることでメイクの仕上がりで口紅とラインが分離したように見えないでなじむので自然です。そして最後にティッシュで唇を抑えて口紅をしっかり唇にフィットさせることが大切です。その後リップブラシを使って口紅を少しだけ重ねてつければ色も艶も加わってメイクの仕上げが変わります。