メイクと就職活動


メイクはそれぞれ行く場所や目的によって使い分けると思いますが、就職活動をするときのメイクの方法については女性の学生さんはいつも悩むと思います。就職活動をするときのメイクとしては、普段自分がおしゃれでしているメイクではいけません。リクルーターとして企業や人事部の人たちにあったときに良い印象を持ってもらえるようにすることを目的としてメイクをしなければいけません。ですから一度自分で就職活動のメイクだと思って控えめのメイクをした後に面接をいてもらう人の年齢に近い自分の父親などにこのメイクに対する印象について聞いてみるといいかもしれませんね。では具体的な就職活動をするときのメイクの基本としては印象的にはやさしい印象に見せてナチュラルな感じを心がけるのが大切です。曲線のメイクと呼ばれるメイクの方法がポイントです。まずベースですが、メイクの崩れをできるだけ防ぐようにしっかりと肌を整えて下地もしっかり目に塗っておくのがいいでしょう。ファンデーションは自分の肌の色に近いものを選び、塗り過ぎには注意しましょう。次に就職活動で悩むのがメイクのポイントです。アイシャドウを入れるか入れないか迷う人も多いのですが入れてもいいですがあまりパール系の色合いは入れないように注意しましょう。アイライナーもまつげを埋めるくらいの程度にして幅広く線を入れなくてもいいでしょう。ますからも自然なくらいで強調し過ぎないことに気をつけます。