フォトフェイシャルによる治療方法

 

近年話題のフォトフェイシャルは、お肌の治療をしたいという人が活用しています。美肌効果がある光を皮膚に当てる治療方法が、フォトフェイシャルでは行われているものです。フォトフェイシャルの効果は、しわ、しみ、そばかす、赤ら顔、毛穴の緩みなどに効果的です。皮膚を引き締めてしわやたるみを目立たなくしたり、シミやくすみの少ない肌になったりという作用がフォトフェイシャルではあります。毛穴を引き締めて目立たなくしたり、ハリのある肌にしたりといった作用がフォトフェイシャルにはあるため、多くの人が活用しています。レーザー施術と、フォトフェイシャルとでは、何が違う部分なのでしょう。皮膚の濃いところに熱を集めるのが、レーザーの性質です。レーザーでは、シミの場合はシミ限定、あざの場合はあざ限定で、1度に治療ができる肌トラブルは一つきりです。一方、フォトフェイシャルでは、1度の施術でしみ、しわ、そばかすなど、様々な症状に対処できます。フォトフェイシャルのメリットは、一回の治療で、複数の肌トラブルに対処できることにあります。フォトフェイシャは、肌の代謝を活発にしてコラーゲンやヒアルロン酸を皮膚の深層でつくるように促すため、古い皮膚が排除され、新しい皮膚と入れ替わるようになります。施術を受けた時以外でも、その後継続的に美肌効果があることが、フォトフェイシャルを使った治療のいいところです。