アメリカでの就職にはソーシャルメディアを活用する

 

アメリカの就職活動の特徴は、インターネットを使うことがとても多いことです。最近は会社によって、必要書類を提出したりエントリーするのはメールになっています。電話やスカイプを利用して採用面接を行う会社もあるそうです。世界各地から人材を採用することがあることや、アメリカの国土が広大であることが関連しているようです。ニューヨーク、ロサンゼルス、シリコンバレーとアメリカの都市は国内のあちこちにあります。飛行機の費用が、採用面接のたびにそれぞれの都市まで行っていたら、かなりかかってしまいます。近ごろではソーシャルメディアといわれるFacebookやTwitterなどが就職活動で使われているといいます。ある調査では、ソーシャルネットワークを活用して就職活動をすることで、採用の可能性がもっと高くなるということが分かっています。ソーシャルメディアを活用すれば、世界中のどの人とでも3人を介せばつながれるという学説もあるといいます。公の情報にはならず、人を介して伝わるのが本当に必要な情報であるというのがアメリカの就職での通説です。ソーシャルメディアを積極的に活用して、企業も人材を探しているといいます。セルフブランディングをソーシャルメディアを活用して高めておくことは、アメリカで就職のチャンスをつかむためには今や必要不可欠になっているのです。

 

ミュゼ 神奈川