コンサルタントへの転職の採用面接

 

面接をクリアしなければ、コンサルタントへは転職できません。コンサルタント会社の面接は、答えにくい質問をたくさんされると言われています。今までの仕事で何をやってきたかはもちろん聞かれますが、それ以上になぜということを聞かれます。なぜそれをしたか、別な選択肢は考えなかったのか、他に方法はなかったのかという面について聞かれます。適当な返し方をしていると、質問の切り口はより鋭くなります。コンサルタントの採用面接に通るためには、どんな質問をされてもしっかり答えられるようにしておきましょう。今までの自分の実績や能力、やってきたことなどをまとめておいて、面接で聞かれても話せるようにておきます。コンサルタントになりたいという人は大勢いますが、かっこよさや収入の多さが志望動機というのはあまりよくありません。コンサルタントに転職したからといってキャリアの悩みがすべて解決するわけではありません。コンサルタントの仕事とは、どちらかというと地味なものです。実力不足な人にとっては、苦しい職場であるといえるでしょう。転職活動がうまくいって、コンサルタントになれてからも、自分を磨き続けることが求められます。なぜ自分はコンサルタントになりたいのか、コンサルタントに相応しいどんな能力を持っているか、転職活動ではしっかり相手に伝えることです。

 

キレイモ 比較